沿革/History

1981年 三井東圧化学(現三井化学)が自社開発樹脂を応用したプリント基板用基材を開発し、 神奈川県厚木市にプリント基板工場を80%出資で設立。
Mitsui Toatsu Chemicals (now Mitsui Chemicals) established a printed circuit board factory in Atsugi, Kanagawa Prefecture with a 80% stake after developing a base material for printed circuit boards using a resin developed in-house.
1991年 回路製品事業(部品実装プリント配線板)を開始
Started circuit board business (component mounted printed wiring boards).
1997年 三井化学の100%完全子会社となる。
Became a wholly-owned subsidiary of Mitsui Chemicals.
2000年 超高耐熱半導体パッケージ基板事業を開始。
Started ultra-high heat resistant semiconductor package board business.
2002年 三井化学よりエポキシ関連事業の譲渡を受け、回路材料事業を開始。
Epoxy related business transferred from Mitsui Chemicals, and started circuit materials business.
2009年 エア・ウォーターの100%子会社となる。
Became a wholly-owned subsidiary of Air Water, Inc.
2009年 プリント配線板事業から撤退。基板事業は半導体パッケージに特化
Withdrew from printed wiring board business. Substrate business specializes in semiconductor packages.
2010年 回路材料事業の強化及び新製品の開発に注力。
エア・ウォーター・ケミカル研究所のシナジー強化を図る。
Focused on strengthening circuit material business and developing new products.
Effort made to strengthen synergy of Air Water R&D.
2011年 インターネプコンにプリンテック社として単独出展  (2012年も継続)
Independently exhibited at Nepcon Japan as Printec (in 2012 as wel).
2013年 回路材料事業において、海外メーカーとの技術提携、技術支援開始。
Started technical collaboration with overseas manufacturers and started technical support in the circuit materials business.
2015年 IPN技術を応用したビスマレイミド系高耐熱樹脂を新たに開発し、低沸点溶媒に可溶タイプを開発。特許出願中。
Developed new bismaleimide high heat resistant resin using IPN technology, and developed soluble type in low boiling point solvent. Patent pending.
2016年 事業拠点を厚木市酒井に移転。
Moved business to Sakai, Atsugi.

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

代表

046-227-3888

営業部

046-227-3887